ついに発表されたiPhone

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

先週のIT関係のNewsでのダントツの話題はやはりAppleのiPhone発表でしょう。

非常に魅力的なものになっていますね。当初、iPod携帯と噂されていましたが、それ以上のスペックになっています。久々に「欲しい!」と思える携帯電話でした。

 

とはいっても、日本(アジア)での発売予定は2008年以降です。

ちょっと先の長い話ですね。最近ではアプリケーションやOSもUS版が出てからあまり時間差なく(あるいは同時に)日本語版のリリースされていることが多いので、年単位で待たなければいけないのは非常にもどかしく思います。

改めて携帯電話というビジネスを見てみると、日本はとっても不思議な流れになっています。

自動車や家電製品を始め、他のジャンルではグローバルスタンダードをうたい文句に、世界で通用する製品や世界同時発売などを競っています。

かたや携帯電話は通信方式は日本独自規格ですし、NTTDocomoのMovaでは端末のコネクタ形状が携帯端末メーカーごとにバラバラになっていました。

規格を国内メーカーで囲い込んで、他社(国外)参入を阻止していましたが(端末のコネクタ計上に関しては、国外のサードパーティを参入させないためにメーカー独自でクローズドな規格にしていたと聞きます)、国内の市場が飽和状態になってしまうと、国外へ市場を求めようとしても日本ローカルな規格がネックとなって輸出できなかったり、国内仕様の開発に多大な投資をしているので、海外規格を開発するためのさらなる投資が難しかったり。(NTTDocomoiモードをヨーロッパで広めようとしましたが、その後はどうなってしまったのでしょうか?)

逆に海外で魅力的な端末やサービスがあっても、そのまま日本国内へ導入できなかったり。

まったくもって、ユーザー本位の発想から外れた状況になっています。

そういった、戦略の結末といえる状況として、つい先日もNECが中国の携帯電話市場から撤退するというニュースが報じられていました。

それまでも、東芝三菱電機など国内メーカーからの撤退が相次いでいましたが、最後の砦だったNECも撤退することで、中国市場からは日本のメーカーが全ていなくなってしまう事になります。

又、NEC携帯電話の国内販売もじり貧の状態で、業績向上の目途が見えてきません。

無論これは、端末メーカー1社だけの問題ではなく、キャリアも含めた業界的な構造の問題ではありますが、今回のAppleのように、魅力的な端末、サービス、ビジネスモデルを提示できればキャリア側も動かすことは不可能ではないでしょう。(それでも、やっぱり日本では無理かな? iPhoneSoftBankからのみの発売なのでしょうか?)

iPhoneの話から少し話題がずれてしまいましたが、ある意味対照的な2社だと思いました。